スマートフォン向けサイトに切り替える

神経内科

筋萎縮性側索硬化症や脊髄小脳変性症
などの神経難病や、筋ジストロフィーなどの
神経筋疾患を中心に診療しています。

主に脱力・しびれ・頭痛・めまい等の症状に対して外来診療を行ないます。入院は筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、末梢神経障害、パーキンソン病およびその関連疾患、脊髄小脳変性症等の神経変性疾患などを対象とし、特に筋・末梢神経疾患を中心に診療を行ないます。

神経内科について

対象症状 手足の力が入りにくい、しびれ、めまい、頭痛、体の一部が勝手に動く(不随意運動)
対象疾患 筋萎縮性側索硬化症や脊髄小脳変性症などの神経難病
筋ジストロフィーなどの神経筋疾患
ご案内 当院は、拠点病院として、埼玉県難病医療連絡協議会の事務局があります。県内のネットワークを活用して神経難病の診療を行っています。また、筋ジストロフィーの診療では、全国の専門施設と連携をとりながら、専門的な医療の提供に努めています。

神経筋疾患に合併する心不全や不整脈は、循環器専門医と協力しながら治療しています。
いずれも進行性で診断や治療が難しい病気ですが、患者さまのご希望を考えながら、それぞれの機能に合わせた治療を行っています。

さらにリハビリテーション科と共同して、疾患や運動機能に合わせたリハビリテーションを行っています。また、総合診療科や地域のかかりつけ医の方々とも連携し、できるだけご自宅で生活を継続できるよう在宅診療を行っています。
スタッフ
  • 難治性疾患部門部長 田村 拓久

    日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、日本内科学会指導医、※2

  • 神経内科医長 尾方 克久(兼臨床研究部長)

    日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、神経内科学会・指導医、日本内科学会指導医、※1、3、4

  • 神経内科医長 鈴木 幹也

    日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、神経内科学会・指導医、日本内科学会指導医、※1

  • 神経内科医長 中山 可奈

    日本神経学会専門医、神経内科学会・指導医、日本内科学会認定医、※1

  • 神経内科医長 大友 学

    日本内科学会認定医、※1

  • 神経内科医長 門間 一成

    日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、医学博士

  • 村上 てるみ

    日本小児神経学会専門医、日本小児科学会専門医、日本小児科学会認定指導医、医学博士

  • 猪川 祐子

    日本内科学会認定医

  • 原 敦

    日本内科学会認定医

  • 生田目 禎子

    日本神経学会専門医、日本内科学会認定医

身体障害者福祉法15条指定医

※1肢体不自由、※2心臓機能障害、※3音声・言語、※4そしゃく機能障害

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る

Copyright © EAST SAITAMA NATIONAL HOSPITAL All Rights reserved.