スマートフォン向けサイトに切り替える

臨床検査科

「正確に」、「迅速に」がモットーです。

検査科(臨床検査科)は現在医師1名、臨床検査技師6名のスタッフで検体検査(尿・血液・血清・生化学・病理・一般細菌・結核菌検査)と生理機能検査(心電図・脳波・呼吸機能・聴力検査)に従事しております。

生化学検査室

生化学検査室では肝臓・腎臓等の機能検査、感染症・腫瘍マーカ等を自動分析機を中心に検査を行っております。コンピュータシステムにより、検体受付、報告書発行、問い合わせ、FAX等で処理を行っております。
正確な検査値が報告できるよう精度管理、保守点検に日々心掛け、機器の最良の状態で情報を提供しております。

一般検査室

一般検査室で主として尿検体で腎臓、肝臓機能等の検査を行っています。尿中の糖、蛋白等の成分を検査しています。また顕微鏡で赤血球や白血球等も観察し報告しています。

血液検査室

自動分析機器や顕微鏡で、貧血の検査、血液凝固異常や血液疾患等の診断補助として血液検査を行っているのが血液検査室です。

生理検査室

心電図検査、ホルター心電図解析(24時間の心電図を測定・解析)、呼吸機能検査あるいは脳波・聴力検査を行っております。
ホルダー心電図解析は検査科内処理により、検査結果が早く報告されています。

細菌検査室

細菌検査室は一般細菌検査と結核菌検査の2室が有ります。
一般細菌とはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、食中毒を起こす大腸菌あるいはサルモネラ菌等の培養・同定・感受性(細菌に対して薬の効果を調べる検査)を行っています。

最近問題(やや増加傾向にある)となっている結核菌(専門的には定型抗酸菌、その他非定型抗酸菌)は結核菌検査専用の検査室で行われております。
結核菌は酸やアルカリに強い菌で抗酸菌とも言われ、安全対策として病原体等取り扱い実験室のレベル3の安全基準に空調が整備され、コントロールされております。

バイオハザード対策としては検査室内に安全キャビネット、安全装置付き遠心器等の設備がされております。塗抹検査は遠心集菌法を行い検出率を高め、蛍光法により結果を報告しております。培養は液体培養で従来の小川培地と比較して抗酸菌の検出感度・検出所要日数と共に優れ、CDC(米国疾病管理予防センター)の勧告に基づいて、迅速に検査結果が報告できるようになりました。

病理検査室

病理検査は一般的に馴染みのうすい検査と思われますが、大変重要な検査の部署の一つでもあり、患者様の「病理組織診断=病名」を決定するからです。では、どの様な検査があるのでしょうか? ここでは組織診断、細胞診断、病理解剖の三つの検査からなっております。

組織診断

・内視鏡による材料(非常に小さい米粒にも満たない材料から)
・手術材料(手術からの摘出材料)
・手術中の迅速診断
上記の材料から標本を作り顕微鏡で組織診断します。

細胞診

尿、体腔液(胸水・腹水)、その他の材料からスライドガラスに塗抹染色し、悪性の有無を診断する。

解剖(病理解剖)

死体解剖保存法に基づいて、疾病の原因究明・臨床診断の裏付け・治療の効果判定・検査データなど医学・教育または研究に資することを目的として、病理解剖のご協力をお願いしております。

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る

Copyright © EAST SAITAMA NATIONAL HOSPITAL All Rights reserved.