スマートフォン向けサイトに切り替える

医療安全管理室

職員一人一人が事故防止の必要性・重要性を
病院及び自分自身の課題と認識して事故防止に努め、
安全体制の確立を図る。

東埼玉病院は安全で安心な医療を受けていただくために、様々な医療安全活動を行っています。医療安全管理室は、管理室長の副院長・医療安全係長・感染対策係長・各部署のリスクマネージャーで構成され、お互い協力しあいながら活動をしています。

主な活動

  • 1.医療安全に関する現場の情報収集及び実態調査
  • 2.医療安全の改善策の提案、推進とその評価
  • 3.マニュアルの遵守状況の確認、点検と見直しの提言
  • 4.医療安全に関する最新情報と医療スタッフへの周知
  • 5.医療安全に関する職員への啓発、広報及び研修企画

具体的な活動紹介

リスクマネージャー数名のパトロール隊

安全な環境つくりのために、リスクマネージのパトロール隊がリスクマネージメントに必要とされる5S(清掃・整理・整頓・清潔・習慣)に関連した項目をチェックしながら職場を定期的に巡視しています。より安全な作業環境つくりに努めています。

職場毎の取り組み発表

医療安全に対する取り組みについて、職場毎に発表(ポスターセッション・掲示)し、医療安全の推進を図っています。

定期的な研修表

病院内の安全文化の確立のために定期的な研修を行っています。

情報発信

医療安全室便りなど通して安全情報を発信しています。

医療安全管理規程

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る

Copyright © EAST SAITAMA NATIONAL HOSPITAL All Rights reserved.