スマートフォン向けサイトに切り替える

理学療法

生活動作の維持・向上をめざし、運動療法や動作の練習、自宅環境や道具へのアドバイスをおこないます。

理学療法では、病気・けが・手術などによって身体が不自由になった人々に対し、自立した日常生活活動を可能にするために必要な機能回復・維持をはかり、家庭・職場・地域に復帰するための援助や環境整備に対するアドバイスをおこなっています。
当院の理学療法部門は、21名の理学療法士が 勤務しています。
対象は、脳血管疾患・整形外科疾患・神経筋疾患(神経難病・筋ジストロフィー)・重症心身障害・呼吸器疾患(手術前後を含む)・リウマチ疾患をおこなっています。

理学療法について

運動療法

筋力増強練習や関節可動域練習、バランス練習などを通じ、起き上がり・立ち上がり、歩行などの日常生活動作の改善をはかります。

肺理学療法

病気や手術によって低下した呼吸機能を改善し、日常生活活動をおこないやすくします。

物理療法

温熱療法・水治療法・電気治療・牽引等により、痛みの軽減や循環の改善をはかります。

車いす・装具療法

義肢・装具の作製・調整をおこなっています。また、車いすの検討・作製をおこなっています。

バックナンバー

2017.05.01 リハビリテーション科に研究実績を掲載しました。
2017.03.17 HPリニューアルしました。
PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る

Copyright © EAST SAITAMA NATIONAL HOSPITAL All Rights reserved.