スマートフォン向けサイトに切り替える

ボランティア募集

当院では協力してくれるボランティアの募集をしております。

ボランティア委員長あいさつ






   ボランティア委員会委員長

  東埼玉病院  院長 正田 良介





東埼玉病院でのボランティア活動について思うこと


 三十年ほど働いた前任地(都市部の大規模急性期総合病院)までの病院のボランティアのイメージは、外来の案内、傘や車椅子の整理、時に行われるコンサートなどに単発で参加する少人数に限定されていました。 当院の療養病棟のボランティアはそのような脇役(?)ではなく、堂々たる療養のためのチームの一員であることが特徴だと思います。療養のためには、医療という側面とQOLの側面が適切に両立する必要がありますが、現状では患者さんの重症化もあり、医療安全の目も厳しくなって医療を優先せざるをえない場合が多くなっています。かつては、患者さん自らが社会へ出向くこともある程度可能でしたが、今はそれも難しくなっています。そこでボランティアの皆さんのサポートが不可欠になります。川井前院長は常々「ボランティアの皆さんは、入院生活を余儀なくされている患者さんに、外から社会を届けてくれる大切な人達である」と述べています。

 ボランティアの皆さんが、自然に活動してもらえるのが病院としては理想なのかも知れませんが、病院職員は「大勢のボランティアの皆さんが活動してくださっていることが当たり前であるとは思わずに、共に活動する」ことの重要性を忘れないようにしておかなければならないと考えています。情報発信をしつつ、新たな仲間を捜す努力も続けなくてはいけないとも認識しています。今後も、ボランティアの皆さんに是非「社会」を病棟に届けて頂ける環境を保てるように努力したいと考えています。

ボランティア募集案内


PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る

Copyright © EAST SAITAMA NATIONAL HOSPITAL All Rights reserved.